繊細で優しい君へ

今日泣いてしまったね。涙が出るまで、我慢したね。苦しかったね。思い切り泣いてほしい。
ここに来るまでも大変だったでしょう。でも大丈夫、私は君の隣にいるよ。
f:id:rpvke:20161116220555j:plain

 
 

繊細だからこそ、繊細である自分に怖さがある

繊細な君は、少し怖い環境に出向くときは、その前からエネルギーを使ってるんだよね。朝起きたとき、準備しているとき、家を出るとき、電車に乗るとき。エネルギーを使っていることが分かっているからこそ、次の日頑張ることが怖くなるのかなって私は想像してる。

 
 

私は、そんな君に幸せを感じてもらいたい!!!!!!!

エゴです。だけど「私は繊細だよ。でも、この人たちがいるから私は大丈夫。」と思ってほしい。きっと、繊細だから怖く感じることも多いと思う。だけど、他の人が感じない楽しいことや嬉しいこと、幸せなことがたくさんあるんだって、私は信じています。私はあなたほど繊細じゃないと思う。でもどちらかと言うと、繊細な方かなって思う。笑 私が今君にできることは、私も「この人たち」の一部になることなんじゃないかなって思う。だから、君から信じてもらえる人でありたいな。と思うセンセイでした。笑 

 
 

備考

思春期の子どもには繊細な子も多いけれど、彼ら彼女らと信頼関係を築いた上でできるサポートとしては、いかに彼ら彼女らが心の拠り所を作り上げるかが大事かと考えてる。それってアカデミックにはどんなことが大事なんだろう。学問の分野としては、児童発達心理学の本にヒント書いてないだろうか。

広告

お金は愛で買えないっていうけれど、、お金って大事。

お金のイメージ?

一般的なお金のイメージって何でしょうか?
買い物に必要なもの、生きるために必要名もの、汚いもの、、、

 
 
 

お金 = 汚いもの

私が高校生の頃、「お金」 は「 汚いもの」でした。笑 理由は単純で、お金もちの家庭ほど、親子の関係が社会的な価値に動かされているように感じていたからです。本人の意思より、周りがどう思うの?社会でどう思われるの?って話。何だか本質的じゃない。

 
 

お金 = 信用

ホリエモンこと、堀江貴文さんはお金 = 信用 と言っています。

カネとは、信用を数値化したものにすぎない。だから、「カネがなくて困っている」と嘆くのは、「自分に信用がなくて困っている」というのと同じ意味だ。

堀江貴文氏の金言「カネはただの紙切れ。手に入れるべきは信用」 – ライブドアニュース より
 
ホリエモンは社会で生きて行く上での視点から「お金」を「信用の大小」と表しました。大賛成です。 お金を持っている人はいろいろなパターンがあるけれど、基本的に地位や名誉を持っている人たちです。彼らは(実際に信用できるかは別として)、何ももっていない人たちより信頼しやすいです。

 
 
 

お金を考える視点を変えてみる

お金 = 可能性の大きさ

お金を使う自分視点で考えると、「お金」は「可能性の大きさ」と考えられます。

お金がある時は、お金で出来ることが増えるので、行動が広くなり、同時に考えられることも増えます。だから、何かを行う可能性が広くなる。
f:id:rpvke:20160918203859p:plain

 

一方で、お金がないとどうやってお金を稼ぐかで頭がいっぱいになってしまい、お金のための労働が増え、結果として思考も行動も広がらず、可能性が狭まるのです。会社を辞めて予想以上の額で納税書が届いた時、頭の中は「金」の文字で埋め尽くされました。。。
f:id:rpvke:20160918203907p:plain

 
 
 

まとめ

お金は汚いかもしれないけれど、悪者ではないし、生きていくための必需品なのです。それでもお金は嫌!というイメージが続く場合は、いかにして効率的にお金を稼ぐかを考えたほうがストレスフルかと思います。 以下の本は参考になりました。(恵比寿の本屋さんの一番いい場所に置いてそうなネーミングですがw)

できる人のお金の増やし方

大人になるってどういうこと?

自分を大人だと思いますか?

あなたは普段何をしている人ですか?学生、社会人、フリーター、主婦、などなど。いろんな人がいるでしょう。今スマホ(PC)の画面を見ている自分を「大人」だと思いますか?一瞬考えてみてください。

 
 

「大人」の定義

大人になるってなんだろう? 子供の頃、体が大きくなるのと比例して大人になっていくものと思っていました。小学校を卒業して、中学生になり、体も大きくなって、気がついたら20代の社会人「大人」です。 でも、現在の私は小さい頃の私が想像していた「大人」とは違います。
想像していた「大人」の私は、もっとスーパーヒロインのようでした。実際はとっても未熟。幼稚。
 
 
 

大人を図る物差し

それでは、何をもって「大人」というのでしょうか?
すぐに思いつく物差しだと、”年齢”、”体つき”、”経済的自立の有無” でしょうか。でもこれらは「大人」を示す側面でしかないのです。なぜならこれらはすべて、他人から見てわかりやすい指標だからです。子供は成長して大人になります。それは”外見”や”持っているものが増える”だけではなく、”心” も。上記に挙げた3つには”心”が含まれていません。

 
 

社会人2年目の私が感じた「大人」になった瞬間

社会人になり、年下なのにすごく「大人」と感じる人、年上なのに「子供」と感じる人に出会う機会が多くなりました。そんな中で”私が感じた「大人」になった瞬間” を紹介させてください。
 

努力と結果は一直線でないと知った瞬間

よく言われている内容ですね。「頑張ったら報われる」とか言われる理論。もちろん結果を出すために努力は必須です。ただ、努力をしたからと言って病気にかかることもあります。

 

自分の感情をコントロールできるようになった瞬間

しなければいけないことの為に感情をセーブしたり、自分の感情が分からない人が自分の感情を知れるようになって日常生活を送るようになったり。わたしの場合は自分の感情に正直なつもりで、無意識に求められる正解を選択していました。コミュニケーションにおいても。それを先輩から指摘された時、やっと、自分の感情をセーブしていたんだと気づくことができ、大人への一歩を踏み出せました。笑

 

YUKI の歌詞が染みた瞬間

女性限定かもです。しかし知り合いにも共感を得られました。笑 人気曲JOYをはじめ、子供の頃からYUKIの曲は好きでしたが、一方で「?」と感じる曲もありました。例えば わたしの願い事

誠実な果物だけじゃあ 大人になれないの?

正直者はバカをみない 騙すのなら騙されていたい
損得勘定もけっこうだけど 義理と人情を捨てられない
そう いつだって そばにいるだけで安らげるような
しわだらけの笑顔で笑うような 大人になりたいわ

 
ちびっ子には分からんじゃろ!!笑
もう、終電で帰っている時に聞くと涙モノです。

 
 

【やってみた】雑音なんて聞こえない。まんが喫茶は自分だけの部屋に使えた!

  やってみたこと

まんが喫茶で1日中こもる!

世の中雑音が多すぎます。考えすぎるタイプだからかもしれないけれど。だから「周囲から邪魔されず、自分だけの世界に入れる空間」が欲しかったです。なのでまんが喫茶へ行き、こもってみました。

※ “やってみた” シリーズとは↓↓

“やってみた” を始めました。

 

まんが喫茶で1日過ごすことをおすすめしたい人

  • 「気にしい」さん
    • お店によりますが、まんが喫茶はほぼ個室です。 友人知人からとやかく言われることもないし、自分自信変な視線を感じることもありません。
  • 昔まんが あるいは インターネットが好きだった
    • まんが・雑誌・PCがあるのがまんが喫茶ですから。これらが好きだとパラダイスです。昔読んでいたまんがの続きが読めたり、読んでみたいけれど恥ずかしくて読めなかったまんがも人目を気にせず読めます!嬉しい!
  • 一人で作業に没頭することが好き
    • お店にもよりますが、基本一人部屋で作られています。
  • 閉所恐怖症”ではない”
    • まんが喫茶の個室は、完全に”閉所”です。閉所恐怖症の人は辛くなります。
  • 学生・社会人のお金がない人
    • 2000円あれば、最低数時間はドリンクフリーで利用できるので、カラオケ等より安上がりの場合があります。

 

まんが喫茶のいいところ

物理的な雑音がない!

私が行ってみたまんが喫茶は「完全個室」だったため、物理的に雑音がありませんでした。そうなると、読みたいまんがや雑誌等に集中できて”気がつけば○時間” なんてことも少なくありません。だから、誰にも邪魔されない、本当の自分だけの部屋にぴったりです。

まんが読み放題〜〜〜〜〜!!!

私はジャンプにハマり、単行本発売日に書店へ行く小学生でした。まんが嫌いな両親はそんな私をオタクとし、呆れた目で毎回見ていたため正直まんがの「ま」すら家の中では言いづらかったです(※)。でも、まんが喫茶へ来れば読みたいまんがが読み放題〜〜!!!嫌な視線を向けられることもないので、気分はフリーダム。

※ 社会人になり単行本を買うくらいでは「オタク」ではないことを知りました。本当に好きならばアニメはBOXで買うし、グッズももちろん買いますが、私は買ってません(というか、買えない)。

ファッション雑誌や小説も置いてある!

これは意外でした。SWEETなどの女性向けファッション雑誌の最新号が置いてあります。なので「まんがはそこまで、、、」な人も楽しめるかと。

 

まんが喫茶の悪いところ

衛生面

今まで誰がその部屋を使っているのかわからないし、どこまで清掃されているのかが分からないです。また、ホテルに比べて空気感が悪かった気がします。私は気になりませんでしたが、人によってはきついかもしれません。

ちょっと怖い

私が女だから、、、? 行った店舗がたまたま怖いと感じた、、、? か分かりませんが、なんか、ちょっと怖かった。笑 今回使ったまんが喫茶は男女混合だったからかもしれないです。女性専用なら怖くないかも、、、?

 

補足

今回使ったまんが喫茶

カスタマカフェさん!
カスタマカフェ

ちなみに、店内はこんな感じ。

階段⬇️

f:id:rpvke:20160819124824j:plain

これは意外でした。豪華です、、、!

 

個室(フラットタイプのお部屋)⬇️

f:id:rpvke:20160819124830j:plain

フラットタイプのお部屋で、部屋の中では靴を脱ぐタイプです。ゴロゴロしながらまんがや雑誌読めました!

【やってみた】やってみたいことを書き出してみる

やってみたいことリスト!!

やりたいことってありますか?インターネットが発達したからなのか分からないけど、生きづらいな〜と思う世の中。気がつけば周囲の目を気にしている。
わたしがずっと書いていることで、「こうすべき」じゃなくて「こうありたい」と思って生活したい、というのがあります。せっかく生まれたんだもん。楽しみたい。でも、どうしても「やるべきこと」でスケジュールを埋めて自分を苦しめてしまうので”やってみた”シリーズをはじめてみたんです。

で、せっかくだかがやってみたいことを書き出してみましたヽ(*^^*)ノ
方法は、タイマーで15分の時間を切って思いつくままにひたすらノートに書きなぐるだけ!
 
続きを読む

「本気で悩む時期は必要なんだよ」と言った先輩の話。

大学の先輩に、飲みに連れていただきました。

 

プライベートや仕事で落ち込む機会が多かった私。「私、なんで頑張ってるんだ?何がやりたかったんだっけ?」と思い始めていた時期でした。どのキャリアを進みたいのか、進むべきなのか分からない。一生懸命死に物狂いで仕事をしているから恋愛なんて後回し。やりたい事に進んでいるかも分からない。私、やっぱりやりたい事があるんですよね。いや、でも私が逃げているからなのか。社会人20年選手となる大先輩は、表情を変えずに悶々と取り留めもなく私の口から出てくる言葉を聞きます。
f:id:rpvke:20160715223016j:plain
 
 
先輩はこう言いました。

人生で一度は必ず「自分はどんなキャリアを歩むべきか」「自分はどう生きるべきなのか」を悩む時期がある。それは高校生かもしれないし、40歳近くのおじさんになってからかもしれない。残念な事に40歳で悩んでももう遅い。君はまだ若いだろう?だから思う存分悩んで、今の仕事を続けるべきかどうか選択しなさい。大事なのは「悩んだ先に、必ず自分のキャリア・生きるべき道がある事」を信じ続ける事だよ。

 
 
その先輩は2桁回数の転職の末、自分の天職を見つけました。
それは常に自分と真摯に向き合い、考え、行動し続けたからこそ。
 
  
そして最後にこう言いました。

ネットでは決めつけられた情報が流通している。自分で考えて行動してみると、案外違うもんだよ。

 
 
悩むことは悪いことじゃないし、悩むことは “ほんとうの自分” になっている大事な時期。答えはネット書かれていない。先輩は今自分しか歩めない道を歩んでいるんだと教えてくれました。

大好きな会社でも退職するに至った思考パターン(私の場合)

大好きな会社を、入社1年半で退職することになりました

会社のビジョンや、行動規範、社内の雰囲気、社員の人柄、好きです。
(というより共感している、が正解かな。)。
世の中ブラック企業に勤めて死ぬ人がいる中で、幸福な職場にいると理解しています。
 
それでも自分の内側から「今の会社にいてはいけない」とSOSが出てきたため、
約1年半勤めた会社を退職することにしました。
 
退職理由は” そもそも会社があっていなかった ” こともあります。
ただ、自分の思考パターンも原因ではあるよなあと思い、
以下に区切って振り返りました。

  • 過去:性格上ついている思考パターン
  • 現在:取り組み中の仕事やプライベートについての思考パターン
  • 未来:将来の夢や目標など、今後のことについての思考パターン

続きを読む

このサイトを作った想い

 

このサイトは
現在精神的に落ち込んでいる人たち (病気の診断を受けている受けていないにかかわらず)
のために作りました。

 

現在壁にぶつかっていて

「自分ってダメだな、こんなことも出来ないのか」
「周りは頑張っているのに、どうして自分は頑張れないんだろう」

そう思っている人のためにです。

 

というのも私が社会人1年目で壁にぶつかり精神的におかしくなっていて自己嫌悪していた時、Twitterで有名で社会人として結果を出しているライターさんも精神的におかしくなっていたときがあったことを知ったのです。

“人生終了” と思い込んでいた私にとって、それはとても勇気付けられたことでした。
今は色々ぐちゃぐちゃだけれど、私でもまだやり直せると思えたからです。

ここに書いていく記事で「まあ大丈夫だろう」と自分を責めなくなってくれたらいいなあと思います。