繊細で優しい君へ

今日泣いてしまったね。涙が出るまで、我慢したね。苦しかったね。思い切り泣いてほしい。
ここに来るまでも大変だったでしょう。でも大丈夫、私は君の隣にいるよ。
f:id:rpvke:20161116220555j:plain

 
 

繊細だからこそ、繊細である自分に怖さがある

繊細な君は、少し怖い環境に出向くときは、その前からエネルギーを使ってるんだよね。朝起きたとき、準備しているとき、家を出るとき、電車に乗るとき。エネルギーを使っていることが分かっているからこそ、次の日頑張ることが怖くなるのかなって私は想像してる。

 
 

私は、そんな君に幸せを感じてもらいたい!!!!!!!

エゴです。だけど「私は繊細だよ。でも、この人たちがいるから私は大丈夫。」と思ってほしい。きっと、繊細だから怖く感じることも多いと思う。だけど、他の人が感じない楽しいことや嬉しいこと、幸せなことがたくさんあるんだって、私は信じています。私はあなたほど繊細じゃないと思う。でもどちらかと言うと、繊細な方かなって思う。笑 私が今君にできることは、私も「この人たち」の一部になることなんじゃないかなって思う。だから、君から信じてもらえる人でありたいな。と思うセンセイでした。笑 

 
 

備考

思春期の子どもには繊細な子も多いけれど、彼ら彼女らと信頼関係を築いた上でできるサポートとしては、いかに彼ら彼女らが心の拠り所を作り上げるかが大事かと考えてる。それってアカデミックにはどんなことが大事なんだろう。学問の分野としては、児童発達心理学の本にヒント書いてないだろうか。

お金は愛で買えないっていうけれど、、お金って大事。

お金のイメージ?

一般的なお金のイメージって何でしょうか?
買い物に必要なもの、生きるために必要名もの、汚いもの、、、

 
 
 

お金 = 汚いもの

私が高校生の頃、「お金」 は「 汚いもの」でした。笑 理由は単純で、お金もちの家庭ほど、親子の関係が社会的な価値に動かされているように感じていたからです。本人の意思より、周りがどう思うの?社会でどう思われるの?って話。何だか本質的じゃない。

 
 

お金 = 信用

ホリエモンこと、堀江貴文さんはお金 = 信用 と言っています。

カネとは、信用を数値化したものにすぎない。だから、「カネがなくて困っている」と嘆くのは、「自分に信用がなくて困っている」というのと同じ意味だ。

堀江貴文氏の金言「カネはただの紙切れ。手に入れるべきは信用」 – ライブドアニュース より
 
ホリエモンは社会で生きて行く上での視点から「お金」を「信用の大小」と表しました。大賛成です。 お金を持っている人はいろいろなパターンがあるけれど、基本的に地位や名誉を持っている人たちです。彼らは(実際に信用できるかは別として)、何ももっていない人たちより信頼しやすいです。

 
 
 

お金を考える視点を変えてみる

お金 = 可能性の大きさ

お金を使う自分視点で考えると、「お金」は「可能性の大きさ」と考えられます。

お金がある時は、お金で出来ることが増えるので、行動が広くなり、同時に考えられることも増えます。だから、何かを行う可能性が広くなる。
f:id:rpvke:20160918203859p:plain

 

一方で、お金がないとどうやってお金を稼ぐかで頭がいっぱいになってしまい、お金のための労働が増え、結果として思考も行動も広がらず、可能性が狭まるのです。会社を辞めて予想以上の額で納税書が届いた時、頭の中は「金」の文字で埋め尽くされました。。。
f:id:rpvke:20160918203907p:plain

 
 
 

まとめ

お金は汚いかもしれないけれど、悪者ではないし、生きていくための必需品なのです。それでもお金は嫌!というイメージが続く場合は、いかにして効率的にお金を稼ぐかを考えたほうがストレスフルかと思います。 以下の本は参考になりました。(恵比寿の本屋さんの一番いい場所に置いてそうなネーミングですがw)

できる人のお金の増やし方

大好きな会社でも退職するに至った思考パターン(私の場合)

大好きな会社を、入社1年半で退職することになりました

会社のビジョンや、行動規範、社内の雰囲気、社員の人柄、好きです。
(というより共感している、が正解かな。)。
世の中ブラック企業に勤めて死ぬ人がいる中で、幸福な職場にいると理解しています。
 
それでも自分の内側から「今の会社にいてはいけない」とSOSが出てきたため、
約1年半勤めた会社を退職することにしました。
 
退職理由は” そもそも会社があっていなかった ” こともあります。
ただ、自分の思考パターンも原因ではあるよなあと思い、
以下に区切って振り返りました。

  • 過去:性格上ついている思考パターン
  • 現在:取り組み中の仕事やプライベートについての思考パターン
  • 未来:将来の夢や目標など、今後のことについての思考パターン

続きを読む